デイサービス

老人ホームにおける介護は、さまざまなサポートを利用者さんにしていくのである。
まず、デイサービスであれば、朝はお出迎えから行うのである。専用のバスに乗って、利用者さん一人一人を迎えにいくのである。
車椅子を利用する方、つえを利用する方など一人一人のニーズに合わせた対応を行っていかなくてはならないのである。

楽しむ

お迎えが終わり、老人ホームへ戻ったら、その日の催しものを行っていく。何かをつくるイベントであったり、本を読んだり、食事をしたり、お風呂に入ったり、実にたくさんのことをやっていくのである。
デイサービスでは、比較的動ける利用者さんが多いので、お楽しみ会やクリスマス会などもやったりする。職員さんたちはいろいろな出し物を考えて、利用者さんたちを楽しませていく。
デイサービスではなく、ずっと老人ホームで生活している利用者さんたちは、また違った一日の流れがある。

老人ホーム

朝起きると、まずはおむつ交換からスタートし、各部屋に介護士さんたちがまわっていって、おむつをかえたりする。
それが一通り終わると、朝の体操がある。バイタルチェックも兼ねて、看護士さんがきてくれ、軽い体操や健康チェクをおこなっていく。
それが終わってから、朝ごはんがはじまるのである。朝ごはんも、人によって食べられるものや、そうでないものがあるので、きっちりと把握しておく必要がある。

老人ホームの介護のお仕事は非常にやりがいがあると言われている。